老後の生活設計、若い間に収益不動産所有を考えませんか?

年金問題が、表面化している現在年金の変わりに収益不動産を取得し資産形成に成功されている方が
続出しています、背景に金融機関の収益還元法という融資制度活用があります。

住宅ローンの場合、年収の3倍程度の限度額がありますが、収益還元法の根拠はその
収益不動産が生み出す収益によって算出されるため、事業経営者の方と比べサラリーが
安定している方のほうが融資を受けやすいという現実があり、サラリーマン生活を送りながら
収益不動産を何棟も所有されとても安定した生活を手に入れておられる方が増え続けています。


若い間に取り組まれることをお勧めしています。

楽しい時間は、浪費と共にあっという間に過ぎ去ってしまうものです。

NISA胎動 貯蓄から投資最近新聞記事によく報道されるようになりました。
経済対策のためスタートしたものですが、やはりリスクは回避できません。

不動産投資もリスクは当然あるのですが、最小のリスクで済むのではないでしょうか。

低リスク、高リターンを実現するために、学び続けなければなりませんが、
早く取り組まれた方に、生涯設計を充実させることが出来る筈です。

空き家や、土地の有効活用を工夫する

全国で空き家の増加が目立つようになり、老朽化した空き家倒壊の危険を防ぐため、
各地で空き家管理条例を制定する動きが活発化している。

また、人口減少に悩む地域では、人口を少しでも呼び込むため、
ウェブ上に「空き家バンク」を作り、空き家物件の情報を掲載している。

こうした施策によって、危険な空き家が撤去されたり、空き家の新たな住み手が
見つかったりする例は、わずかずつではあるが増えている。

2012年4月5日(木曜日)富士通総研から記事抜粋


相続されたのに、管理が行き届いていないように見受けられる不動産

その不動産を安心に生かすことが出来る方法がきっとある筈です。

更新情報・お知らせ

2013/10/13
ホームページリニューアル

↑ ページの上部へ